著者の大須賀さんは以前田中清玄の自伝のインタビュー本を書いた人で、清玄死後に出てきた資料や関係者の再取材を経て改めて「評伝」を書いたと言うことらしい。