以前からネタ切れの時にととっておいたが、古くなるのもいかんと蔵出しw
選挙ブースト
「国政選挙の公示から投開票に前後して政党支持率が急上昇する現象」です。選挙運動や公示後の報道を通じて、普段は活発でなかった支持層が呼び起こされたり無党派層が支持に回ることが原因と見られますが、選挙ブーストが出現しないような場合もあり、興味深いテーマだと思います。(これは一般的な言葉ではなく三春個人が提案するものです)

国政選挙が終わると、次の国政選挙までの間に支持率が緩やかに下がっていく傾向はかなり一般的です。しかし共産党では47回衆院選を最後に大きな選挙ブーストが見られません。24回衆院選(2016年7月)ではそれらしきピークがありますが、選挙後にすぐに落ちてしまい、23回参院選や47回衆院選のように段差として残りませんでした。つまり支持層が拡大されていないのです。

そして48回衆院選(2017年10月)では選挙ブーストに相当するもの自体が検出されませんでした(2017年にあるいちばん大きなピークは通常国会の会期末にあたる6月頃です)。この選挙ブーストがなかったということは48回衆院選で共産党が票を減らしたことを理解する手掛かりになるかもしれません。

支持率の低落傾向が続いていることについて、共産党の議員や支持者はきちんと把握しておいた方が良いと思います


個人的には、これは共産党の行動と言うよりも他政党の動き、すなわち他の政党がポカをして支持率が落ちているときに票の退避先として共産党がクローズアップされるのが、はるたんのいう「ブースト」だと思うのだけど、実際のところはよくわからない。

いずれにしても支持率が落ちていることは充分に把握している。しかし上げる方法がわからないのだ。