しんぶん赤旗
在日米空軍が日本国内で戦闘機用ジェットエンジンを車両で輸送する業者について市場調査の募集をしていることが1日までに、わかりました。米軍は、インド・アジア太平洋地域で行う軍事作戦にむけて、民間企業も動員し日本を整備拠点として利用する動きを強めています。
募集は、横田基地の米空軍第374契約中隊が2月25日に公表したもの。応募期限は4月20日です。調査の対象は、民生用の空気サスペンション付きエンジントレーラー、航空輸送トレーラー、台車を保有して、戦闘機用エンジンを輸送可能な運送業者です。今回の募集は、直接の契約につながりませんが、応募する業者は、価格一覧表などを提出し、米軍側が日本国内で業務発注が可能かどうかなどを判断します

エンジンを運ぶのに民間の運送業者を選ぼうとしているだけのことだが、これが共産党に言わせると軍事作戦だそうですw
しまいには、米軍人の転勤による家族の引っ越しを米軍がアート引越センターや引っ越しのサカイあたりに頼んでも軍事作戦だと言いそうですw

来年くらいに赤旗がアート引越センターが軍事作戦に組み込まれたとか言ってくれるといいですね。ネタが一つできるからwww