しんぶん赤旗
日本共産党の倉林明子参院議員は27日の厚生労働委員会で、医師の過労死を生み出す長時間労働の解消のため、労働基準法が守られる環境を整備する責任は政府にあると指摘し、医師・看護師の増員を求めました。
中略
倉林氏は、長時間労働は医療の安全性に深刻な影響を及ぼすとして、法規制を待たずに緊急に連続労働時間の上限の目安を大臣告示として示すべきだと主張しました。

看護師はまだ免許はあるけど今はやってないって人はけっこういそうだけど、医者はどこにいるんですか?
医者は医師免許持ってないとなれないし、増員しようとしても医学部の定員増から始めなきゃならないわけです。
今、倉林さんの言うとおりにすれば、もともと医師の待遇改善は進むかも知れませんが、既存の医療体制が不十分になり、救急に担ぎ込まれても診る医師がいないなんてことになりかねません。

それでもいいってのなら、話は別ですが、そうなったら今度は医療の拡充をとか言ってまた共産党は批判するんですよねw?たとえばこんな風にw