しんぶん赤旗
日本共産党は10日、党本部で全国都道府県青年・学生部長会議を開きました。党中央青年・学生委員会の田村智子責任者(副委員長)が報告し、16人が発言しました。志位和夫委員長が中間発言しました。 
中略

 3月から新歓を大成功させるために、加盟してすぐに民青の魅力を実感してもらえる班活動を準備しようと提起。4月1日〜15日を「学園対話集中期間」として、全国で学内対話に挑戦しようと訴えました。高校生と労働者分野の新歓のポイントについても行動提起しました。

 田村氏は、党と民青との系統的な懇談と共同の実践の重要性について述べるとともに、「民青倍加」の最大のカギは民青県委員会の体制強化にあると強調。民青専従を確立し、“宝”として大切にすることをよびかけました。

 討論の途中、発言した志位委員長は、2月の学生新歓の経験などにふれ、「民青の『三つの魅力』が若者の気持ちとずばりかみ合っていることに自信をもってとりくんでほしい」と激励しました 

 相変わらず内容がないと言うか何と言うか・・・ここでわかること
・「民青専従を確立し」というのは、専従がいなくなってる都道府県が多いってことだろうね。
・ なので民青専従が“宝”なのは間違いないが、実際には党が物心両面、下手すりゃビラまき手伝うとか相当援助してるよね?これ以上何をしろと?
・志位たんが「二月の学生新歓の経験に触れ」というのは自分でやった30年以上前のではなくて、報告を聞いたのをネタに話しているんだろうが、若者の気持ちとズバリかみ合ってたらこんなに同盟員確保に苦労しない。

党があれほど盛り上げに協力したSEALDsでさえ、実際には若者の間にはほとんど浸透しなかった現実から逃げていては成功するはずがありませんね。