産経新聞

神奈川県の藤沢市議会は総務常任委員会を開き、共産党機関紙「しんぶん赤旗」を含む政党機関紙の市庁舎内での購読勧誘・配達・集金を行わないよう求める陳情について、賛成多数で趣旨了承とした。

 陳情は横浜市在住の男性が提出。公明党や保守系会派の4人が賛成し、反対は共産党を含む3人にとどまり、趣旨了承された。陳情では政党機関紙の勧誘・配達・集金の禁止の他、市職員が購読を強制され、拒否した場合でも不当な嫌がらせを受けないように相談窓口の設置を求めている。 

相談窓口設置とは、もはや犯罪者扱いだが、そんなことより気になるのはこの陳情を行った者が横浜市在住だと言うことだ。藤沢市民や市役所職員が陳情を出してきたりするならわかる。しかしなんで藤沢市役所の問題に横浜在住者が口を出してくるのか・・・この陳情出してきた人が何者なのか?

このあたり、赤旗にはぜひとも書いて欲しいものである。