時事通信
任期満了に伴う京都府知事選(4月8日投開票)で、西脇隆俊前復興事務次官(62)が10日、京都市内で記者会見し、「力をふるさとにお返しすることが使命」と出馬を表明した。自民、公明両党が推薦を決定し、民進党も2月中に決める見込み。立憲民主党や希望の党にも推薦を求める。
 一方、京都弁護士会元副会長の福山和人弁護士(56)も同日、同市内で「府のおかげと実感できる府政を実現したい」と立候補を表明した。共産党や労働団体などでつくる「民主府政の会」が推薦する見通しだ。  


裏では、いつになったら共産党の府知事候補が決まるのだと、どういうわけか当方に苦情のメールが何通か来ていた京都府知事選(笑) 、共産党の候補は決まったようだ。

問題は野党共闘で一緒になった民進党が敵に寝返ったこと。そして立憲民主も寝返るかも知れないと言うこと。 それも京都でw。東京はこんな調子ですけどw

まぁ、わかっちゃいたけど、野党共闘ってもう有名無実なんですね。