毎日新聞
沖縄県の南城(なんじょう)市長選は21日投開票され、無所属新人で元衆院議員の瑞慶覧長敏(ずけらん・ちょうびん)氏(59)=共産、自由、社民、民進、地域政党・沖縄社会大衆推薦=が、無所属現職の古謝景春(こじゃ・けいしゅん)氏(62)=自民、公明、維新推薦=を破って初当選した。投票率は66.92%。

中略

確定得票数次の通り。
当11429 瑞慶覧長敏<1>無新=[共][由][社][民]
 11364 古謝 景春(3)無現=[自][公][維]

 その差65票という薄氷の勝利だが、沖縄のこの手の選挙は接戦になることが多く、どっちに転ぶかわからない。故に民意がどちらにあるのかも判断しにくい状況にある。しかもこの選挙では古謝氏の息子が瑞慶覧候補の陣営にいるとか、 もう外部にはワケワカである。


ただ、もう野党共闘は実質沖縄でしか機能しないだろうから、共産党としてはこれを懸命に宣伝して民意は我にありと言い続けるしかない。