しんぶん赤旗

日本共産党の小池晃書記局長は15日、国会内で記者会見し、民進党と希望の党が同日、衆参両院で統一会派を結成する方針を確認したことについて、「まったく筋が通らない」と厳しく指摘しました。

 民進、希望両党は、基本政策に関する合意文書を交わし、安保法制=戦争法について「違憲と指摘される部分の削除を含め、必要な見直しを行う」としました。

 小池氏はこれについて「玉虫色といわれているが、それどころかまったくの骨抜きだ。民進党とは、わが党も含めた野党間で、安保法制の廃止と集団的自衛権行使容認の閣議決定の撤回を、党首が何度も合意してきた」と強調。「民進党が希望の党と統一会派を組むことは、この間の党首合意に背くものだ」と批判しました。

 
まぁ、これ、両党が分党も視野に入れているとか、もう混乱の極みでワケワカ状態で、小池ならずともぶち切れるわなという感じ。立憲民主もいい顔しないし、共産党は利用されるだけ利用されて最後はポイ捨てされた状況だ。

これによって野党に仁義もクソもないことが誰の目にも明らかになったし、現状では野党に橋下徹クラスの影響力を持つ大物が出現しない限り共産党はもちろん、野党も参議院選は負け戦になるだろう。

いろいろ批判はあるのは承知しているが、やはり不破委員長時代の他党と不和だった負の遺産が大きかったね。野党共闘を共産党が言い出した直後から言ってるが、 野党共闘をすすめようとしたのは戦略的に悪くなかったというか、ぼくちん含め多くの人が言ってたことだ。

しかしやる前に、きちんと党大会をして今までの負の遺産を総括・反省してやっていれぱ、こんなことにはならなかったろう。というか、そうすれば昔の新進党の時のように公明党が解党して合流するようなところまで持って行けたかも知れないし、総選挙直前の民進党の裏切りなども起こらなかったろうし、今よかだいぶマシな戦いができたはずである。

しかし、事ここに至ってはもう遅すぎる。すでに党首のなり手がいない社民党消滅のカウントダウンは始まった。参議院選後には、共産党消滅のカウントダウンが始まってもおかしくない。

そろそろ当blog消滅の時期が見えてきたかなw?