ということで山下明子佐賀市議が意見の違いで除籍された際、もう1人地方議員が除籍されたのがわかった。みやき町会議員益田清氏である。地方議員を2人も一緒に除籍するのは尋常ではない・・いや、1人でも尋常じゃないけども。

いずれも佐賀県東部地区委員会の議員だったので、問題は東部地区員会にあるのだと思われるが、そうなると担当行政区は佐賀市、鳥栖市、多久市、小城市、神埼市、吉野ヶ里町、基山町、みやき町、上峰町となるので、今後この地域の地方議員の何人かも党の言うことを聞かなくなる可能性がある。

佐賀といえば、ほかにも総選挙の候補者だった人が不当解雇されるなど問題が多く、おそらくは中央も頭を抱えているのだろうが、対処できるかは不明である。