これをネタにしているのが、日刊スポーツ。上西小百合たんが吠えているw
元衆院議員の上西小百合氏(34)が、政治、社会問題風刺ネタで話題のウーマンラッシュアワーを絶賛した志位和夫共産党委員長(63)について「議員がタレントにぶら下がってんじゃねえよ」と批判した。
 
日本にもっと笑いと風刺を求めるなら。当然自分たちも笑いや風刺のネタになるってわかって言ってるんでしょうかw?たとえばヤンキー先生なんか有名になった当初は持ち上げてたくせに、自民党に近寄って国会議員になったら無視するとか、 穀田恵二が不倫報道されて告訴すると息巻いていたのに、その後の報告がないとかw

これからの楽しみと言えば豊洲が危険だと言いまくってたのが、豊洲稼働したら豊洲の魚は危険だから食うなと言わないかなw?とか、共産党も風刺ネタの宝庫なんですよねw

ていうか、反自民の風刺だけでしょ、求めているのは・・・本当に風刺を求めているなら、当blogなんか、志位委員長推薦blogにしてもいいくらいだろw 

ついでに言っておくと、今日の潮流も充分風刺されるに値しますね