ということで、三中総後の志位記者会見。産経新聞で筆坂秀世タンも言っているが、野党共闘と党勢拡大どちらも進められるのか疑問を持たれる識者が増えているようだ。

しかし今回の選挙の場合は仕方ないでしょ?と思うんですけどね。
民進党の裏切りも痛かったし、希望の党の設立で大混乱に陥ったのは誰が見ても明らかで、野党の腰が据わっていたら決して野党共闘拡大と共産党の議席増大は実現できたと思う。あまりにも予想外の事態が多すぎた。

もちろん他の野党の腰が引けたのには、共産党に対するアレルギーがあるのは言うまでもないので共産党に全く非がないとは言わない。しかし、もう少し続けてみてもいいとは思うけどね。