しんぶん赤旗
政党・政治団体の2016年政治資金収支報告書が公表されました。日本共産党中央委員会の収入総額は216億7937万円、支出総額は218億8001万円、繰越金は12億3238万円でした。収支の概要は別表のとおりです。

で、党費は前年比100%、寄付は115%とわりと順調で、赤旗が売れなくて機関紙収入が減っているのも当然だが、ビビるのは地方党機関からの納付金、その他が半減していることだ。 

地方機関の疲弊が進んでいることを如実に示すもので、いくら寄付金が増加傾向にあると言っても地方に援助の手を伸ばせるほどの力はないと言うことだろう。

 となると、そろそろ地方機関の財政的破綻が起こる可能性が高まっている・・・そして本当に破綻するところが出てきたら、党の寿命が見えてくる。