関西報氏より
この補選の空席の一つは、共産党府議の政務活動費の不正による辞職でしたが、かつて共産(長尾)市政の行われた場所で、保守票が二分されたにもかかわらず、補選で議席をとれないところをみると、かなり弱体化が進んでいるのでしょうか?

弱体化はどこでも進んでいるが、それ以上に大阪府委員会の不手際が目立つ。最初は調査の結果、懐ぽっぽはしていなかったと言っていたのに、していたのがバレたのが大きいのではないないかな?