Facebook
全労連系組合の中央執行委員にして、ひょっとしたら全労連のピコ太郎と呼ばれているかも知れない自称無党派MASAMICHI TANAKA氏が、公然と共産党批判を行った!

私は全労連系の中央執行委員を務めていますので、どの政党よりも共産党とは親密な関係にあります。
共産党の友達が減るかもしれませんが、炎上覚悟であえて言わせていただきます。

この度の総選挙、共産党の責任は非常に重いと私は考えます。

共産党は昨日の党派振り分けで無所属より下の野党第六党になり下がりました。

現実は厳しいのです。今こそ共産党に頑張ってもらわなくてはいけない時だというのに。 

批判内容自体はたいしたことはない。 ただ、時々誤解している人がいるが、全労連系組合に無党派の中央委員がいてもおかしくはないことは言っておこう。というのも、共産党は傘下組織のトッブに党員を持ってきたがるが、役員クラスだと無党派とか、下手したら右翼もいることは少ないながらも、ないわけではない。

で、この方、党員ではなさそうだが、信条的には支持しているようだ。だからこういうことを言っておられるのだろうが、なにせ立場が立場である。全労連内ではそれなりに衝撃が走っているのではなかろうか? 


追記、当初全労連と誤解してましたが、全労連系の組合の中央委員さんでした。