しんぶん赤旗

日本共産党の小池晃書記局長は6日、国会内で記者会見し、衆院選の小選挙区(289)で、安保法制=戦争法廃止、憲法9条改定反対など「市民と野党の共闘」の立場に立つ候補が240を超える選挙区で一本化され、そのうち共産党候補に一本化された選挙区が160を超える見込みであることを発表しました。また、比例代表の第5次候補10人を発表。これで比例代表候補は計65人となりました。

 一本化した小選挙区の「共闘」候補の所属の内訳は、ほかに、立憲民主党が約40人、社民党が13人、無所属が約20人、新社会党が1人となる見通しです。

 
民進党が消滅したおかげで、240以上の小選挙区で野党共闘が実現し、そのうち160以上が共産党の野党統一候補である。民進党が消滅しなければ15程度しか出せなかったであろう共産党の野党統一候補がこれだけ出たということは、立憲民主党をはじめとした共産党以外の野党共闘に参加する政党は、共産党の補完勢力になったということで、共産党としては綱領で夢見ていた民主連合政府よろしく最高に理想的な状態になったのではないか?

もっとも、共産党の小選挙区候補が勝てる見込みがどれほどあるのかといえば、沖縄1区以外は やはりきつかろう。それでもひょっとすればいくつか拾える所もあるかも知れない。また立憲民主党がボロ勝ちして共産党の獲得議席を大幅に超えたりしたら、共産党が補完勢力に位置づけられることもあり得る。

毎日情勢が急激に変化するだけに、何が起きるか分からないというか、想像もつかないわ・・・