キャリコネニュース

安保法案への賛成や改憲を打ち出すなど「右寄り」であることが明らかになってきた「希望の党」。同党に、これまで安倍政権への批判票やリベラルな人々の受け皿となってきた民進党が吸収合併されることが決まった。

リベラル派には悩ましい状況だが、そうした中でにわかに活気づいているのが共産党だ。ネット上では「リベラルの受け皿はもはや共産党しかない」といった声が続出。共産党の広報担当者も「手ごたえはかなりある」と語った。 

確かにその可能性は高いと思う。 民進の裏切りは、ぼくちんすら共産党に同情するくらいひどいもので、リベラル票のみならず、ふだん共産党に投票しない、いわゆる反共の人でもさすがに同情して投票する人も出てくるだろう。

しかし、そうやって集めた票はあくまで雨宿り票であって、別の受け皿ができれば容易に逃げられてしまう。 とはいえ、そんな受け皿になる政党が今後出てくるのかというと、たぶんしばらくは出てこないだろうから、共産党にとって我が世の春はしばらく続くという予想もある程度は立つ。

でも、予想外が続いている今の政局である。民主党左派が数日中に新党作って、そっちに票が流れたりするかも知れない。

さて、どうなりますか。。。一寸先はホント闇ですわw