しんぶん赤旗
28日の日本共産党国会議員団総会であいさつした志位和夫委員長は、民進党の前原誠司代表が「希望の党」への合流を提案した動きを受け、市民と野党の共闘について発言。そもそも「希望の党」は結党会見で、安保法制=戦争法を容認し、9条を含めた憲法改定も公言していることなどをあげ、「自民党の補完勢力であることは明らかだ。共闘・連携の対象にならないことも明らかだ」と述べました。その上で、民進党の候補者が「希望の党」の公認候補となった場合、日本共産党は原則として公認候補を擁立してたたかうと訴えました

志位氏は「前原代表の提案は2年間の共闘の積み重ねを否定するものだ」と批判。公党間の合意を一方的にほごにし、市民連合との合意を一方的に裏切るものだとして、「重大な背信行為だ」と糾弾しました。



同じくしんぶん赤旗

日本共産党の小池晃書記局長と社民党の又市征治幹事長は28日、国会内で会談し、民進党が「希望の党」に合流する事態のもと、市民と野党の共闘を発展させていくことで合意しました。日本共産党と社民党の間での協力を確認し、「総選挙で、できる限り多くの選挙区で候補者を一本化する」ことで合意しました

 
ということで、野党共闘破れて社共共闘となったわけですが、さすがに今回のは民進党がゲス過ぎで共産党に同情せざるを得ません。

もはや安倍自民党が議席を増やそうが減らそうが関係ありません。改憲勢力は2/3を確保するどころか90%を超えることも視野に入ってきました。もう、改憲は止められないでしょう。