しんぶん赤旗
北朝鮮が6回目の核実験を実施したことをうけ5日、衆院外務委員会と参院外交防衛委員会で閉会中審査が行われました。日本共産党の笠井亮衆院議員と井上哲士参院議員はそれぞれ、米朝両国の軍事的緊張がエスカレートするもとで、偶発的事態や誤算による軍事衝突が起こる危険が強まっているとして、これを避けるために、「今こそ対話に踏み切るべきだ」と政府に求めました。 

あ〜もしもし?
北朝鮮と核関係の対話は軽水炉がどうたら言ってた時代からもう20年くらい経ちますか・・・・対話は、ず〜とやってきてるんです。6か国協議とか聞いたことないですかね?赤旗にも何度も書いてありましたけどw

 その結果が、このザマですよ。もちろん対話(戦争回避の交渉)は最後まで諦めちゃいけません。この記事の下にはスイスが仲介に乗り出すニュースが出てましたが、日本共産党は何しているんですか?

朝鮮労働党とも関係を回復して「いましめあう」ようにすると言ってたのはどこの政党ですか?
北朝鮮に対する影響力を最も持っている中国共産党にも頭下げさせて関係回復したのは何と言う政党ですか? 

日本でこの問題解決ができるもっとも可能性の高いポジションに日本共産党がいるのに、壊れたレコードよろしく「対話」を繰り返しているだけでいいんですか?

本当に平和を求めるから、平和のために汗をかきましょうw!