正論2017年10月号
日本工業新聞社
2017-09-01


篠原常一郎氏の「小池晃と過ごした共産党駿台予備校支部の日々」という記事。
高校や大学の民青・共産党の活動は知られているが、予備校での活動はあまり知られていない。その予備校での党活動について詳細に書いてある。

予備校での活動でも他と同様学校での勉強を軽視してるんじゃないかと思っていたら全く逆で、受験勉強第一の姿勢が貫かれていたのには驚いた。しかも「生活点検表」なるものを作って計画的に勉強も活動も続けていたというのだからすげ〜。

そして輩出した党人材も小池晃をはじめとしてかなりの数に上る。そし小池晃はとってもいい奴だった・・・

唯一アレっ?と思ったのは、著者と小池が行ったと言うノーパン喫茶の話が出てこないことw
「正論」がまじめな雑誌だから、書くのを遠慮したのだろうかw?