JBPRESS
筆坂秀世タンの野党共闘で一番トクをしたのは共産党であるという記事なのだが、野党共闘で一番トクをしたのは共産党というのは別に珍しい主張でも何でもないのだが、付随して語られている不破タンの党創立95周年の時の講演録が面白い。

社会党から相手にされなくなったから革新懇を作ったとか、 無党派層との共闘を言い出したものの、通用せず、いつの間にか野党共闘にすり替わっているという・・・。

このあたり、私のような無学の徒は読み流してしまうところだが、共産党に人生を捧げていたクラスの人の舌鋒ははやり鋭いと実感。