しんぶん赤旗
昨日の記事でつ。公開していたつもりができていなかった。

日本共産党の志位和夫委員長、小池晃書記局長、田村智子副委員長・青年・学生委員会責任者ら三役全員が10日、日本民主青年同盟(民青)の小山農(みのる)委員長ら8人の中央常任委員と党本部で懇談しました。
日本共産党第27回大会決議で、「民青同盟と系統的な懇談に取り組み、民青の役割や、県、地区、班の実情をよく聞き、同盟員の願い、悩みをよく聞くことが、取り組みの出発点」とした提起によるものです。
 


まぁこれ、いつもやっていることだが、 この手の茶番はもうやめといた方が良いね。
民青委員長の小山農くんは、先月の党大会で弱冠29歳にして准中央委員ににして、米倉春奈都議を娶った日本共産党の若手を代表する出世頭です。

いわば志位以下、小池晃や田村智子らの部下なわけで期待の新人という立場。そんな小山たんがいかにも別組織の代表として懇談するなど事情を知るものには失笑もの。

こんなことやってる間は絶対に民青が復活することはありませんね。本当に民青を育てたかったら、共産党は表にでない方がよろしい。SEALDsのような共産党のコントロールの利かない団体に「放流」してあげましょう・・・そうやって、本当に若者が自分たちで行く道を決めるようにしないと、もうもたないよ。

民青は、すでに多くの都道府県で事実上機能しなくなっている。まして知名度なんか悪評ばかり。もはや共産党がいつ潰れるかの先行指標としてしか観察価値を持っていないのだからw