しんぶん赤旗
 戦争放棄をうたった憲法9条のアイデアは、幣原喜重郎(しではらきじゅうろう)首相(当時)が連合国軍総司令部(GHQ)最高司令官マッカーサーに提案したという学説を補強する新たな史料を、堀尾輝久・東大名誉教授が発見しました。安倍晋三首相ら改憲勢力が主張する「今の憲法は戦勝国に押し付けられたもの」とする論拠を覆す内容です。秋の臨時国会から憲法審査会で改憲論議がねらわれるなか、憲法の制定過程をゆがめて議論をすすめることは許されません。(深山直人) 

新資料が出てきたのは喜ばしいことだが、 これはあくまで九条のアイディアを幣原が提案したと言うことであって、幣原が憲法を作ったことを意味しない。

日本国憲法がGHQの手によって創案が作られ、あれこれあって成立したことはよく知られていることであって、この資料を根拠に「押し付けられていない」と解釈するのは、それこそ憲法の制定過程をゆがめて報道しようとするのは、むしろ赤旗である。