しんぶん赤旗
不破ちん埼玉演説

 不破氏は、「アベノミクスのもとで大企業は栄えたが、“大企業が栄えれば、国民にまわっていくはずだ”という約束はまったく実現していない。これがアベノミクスの正体だ。3年半もやって『道半ば』では、あまりにもお粗末だ」と批判しました。

94年やってて道半ばの政党が何を言うかw

続いて、安倍首相が、サミットで来日した各国首脳を、戦前、「八紘(はっこう)一宇」=神国日本が世界を支配するなどの思想を国民に植えつけ戦争に動員した国家神道の総本山だった伊勢神宮に案内し、実質的な集団参拝をさせたことに言及。「これは日本の政府代表の行動ではなく、ウルトラ右翼『日本会議』の代表としての行動だ」と批判。

もはやヤケクソですw

そんなことより最後の不破演説で

応援に駆けつけた「安保関連法に反対するママの会@埼玉」の辻仁美さん、シールズの奥田愛基さんも日本共産党と伊藤候補への支持を訴えました。


ここが重要だね。 共産党の次の一手が何か、もうわかり過ぎるほどにわかるw
この席上に民青がいないことを、民青はマジに深刻に考えた方が良いよ。対立するようになった組織はともかく、従順な組織なら共産党は組織を切るとなってもあからさまに切らない。知らぬ間に距離を置いていくから、捨てられたとわかった頃にはもう遅い。