指摘されて、慌ててアップ

実はぼくちん、七日に講演会の茶々入れをやります。

2016.07.10(日)
「差別反対と言論の自由シリーズ」「ヘイト問題とリンチと被害者への二次加害問題」」
講演会と懇親会 告知

日時とスケジュール

2016.07.10(日)

11:00〜13:00 ゲストスピーカーたちと店のマスターと関係者とで打ち合わせとランチを兼ねる
12:30〜13:30 受付手続き開始
13:30〜15:30 トークショー

15:30〜17:30 懇親会
17:30には、お別れのご挨拶。後片付をして18時までには店を出ること。
と予定をしていましたが、話が延長をした場合は18時まで延長をして、大急ぎで後片付けをして19時までには店を出ることにします。

とりあえず、ここで解散をします。

二次会の予定でしたけど、公式には確約はできませんが。
希望者には、この後、有志で集まることも可能かもしれません。
遠来からのお客様を新大阪駅までお見送りを予定をしています。時間の余裕と機会があれば、新大阪駅の飲食店で軽くお茶会程度ができるかもしれません。

料金
13:30〜15:30 トークショー 1,500円
15:30〜17:30 懇親会    2,000円

ドリンクと軽食を私からもご用意します。
グラスやカップ、ポット、お湯、紙の皿、割り箸は用意します。電子レンジあり。


場所 スタジオ・シチズン
http://citizen-p.com/
〒565-0842 大阪府吹田市千里山東1-10-4 サンシャイン関大前3F 
Tel.06-4860-6756/090-9875-7157(西岡) 
関大前駅からすぐ


企画・幹事 のら猫の手
メールアドレス noranekonote@gmail.com
SKYPE noranekonoteQQQ
電話 (090) 9616-4269
事前予約制なのでこちらにご連絡ください。


在特会を含む行動する保守界隈がデモや街宣でヘイトスピーチをしてきました。

それに対して単純素朴な正義感で大勢の方々が「差別反対」と抗議に駆けつけました。

ところが、差別反対活動家の関西の主流派の活動家たちが、仲間であるはずの方に対して暴力をふるったという事件が週刊誌に報道をされてネット上では大騒ぎになりました。

ネット上で、例の暴行事件関係者たちに対して、大勢のネット上のウオッチャーたちから非難抗議が殺到しました。
その理由に、色々ありました。
・ すぐに公式謝罪をすればいいものを隠ぺい工作をしたこと。組織だっての隠ぺい工作ではないのか?という疑心暗鬼を生じさせたこと。
・ 加害者たちの仲間たちの大勢が、被害者に対して誹謗中傷をしたこと。
・ 加害者の仲間たちが、被害者について「元々の原因が、被害者(日本人)が加害者(在日)にレイシャル・ハラスメントをしたのが悪いからではないのか」と主張したけど、それが「レイシャルハラスメント」かどうかで議論になったこと。

今もネット上では炎上中です。

この騒動には論じるべき問題がたくさんあります。

今こそ、有能な言論人たちを大阪の会場に招致をして、語り合うべき。 

主賓はロフトプラスワンでブンドの襲撃を受けて大けがをされた経験のある佐藤悟志氏で、たぶん来るはずのTAMO2師匠と緊張感あふれる対談になると思います。師匠が来られない場合は替わりにぼくちんが、来られた場合は司会役と言うか、壇上で茶々入れ役をすることになると思われます。