読売新聞

 元共産党衆院議員の金子満広(かねこ・みつひろ)氏が18日、脳内出血で死去。

 91歳。告別式は22日午前11時30分、東京都文京区白山4の37の30寂円寺。喪主は長男、広志(ひろし)氏。

 1972年に旧東京8区で初当選、党書記局長、副委員長などを歴任し、6期を務めた。 

一応、今日の赤旗にも乗っているが、連載4コママンガである、まんまる団地の横に同じくらいのスペースで報道。文章の半分は過去に就任した役職の羅列であった。 

ちなみに息子さんが党と揉めて離党しているが、この年に政界引退。