しんぶん赤旗

“ヒソヒソ話や上着が膨らんでいる人を見たら通報を”。愛知県警の啓発ポスターに「まるで戦前・戦中を思わせる」と市民から批判があがっています。

 ポスターは、隣県の三重県で開かれる伊勢志摩サミット(5月26、27日)の警備啓発を目的にしたもの。「あなたの協力でテロ防止」と大書され、「おかしいな?と思ったら通報を!」と呼びかけています。

 駅構内の壁や掲示板、ホームの柱など、いたるところに貼られ、いやが応でも目に入ります。

 県警が「おかしい」ものとして市民に通報を呼びかけているのは、「身を寄せてヒソヒソ話」「上着が異様に膨らんでいる」「見知らぬ人がウロウロ」「変な荷物を持っている」ことなどです。市民の日常の行動を監視対象としているのです


何でもいちゃもんをつけたらいいと思っているアホな記事ですが、はっきり言って名古屋市民を馬鹿にしています。おまえら、名古屋の恐ろしさを知らないなw?

営業マン世界では、名古屋に配属になると恐怖すると言われるくらい、名古屋は外もんには厳しい街だと言われている。某営業など、A社に朝営業に行き、午後にA社のライバルB社に行ったら「おまえ、午前中にAに行っただろ」と突っ込まれて「なんでA社に行ったの知ってんだよ〜(;O;)」と嘆く状態だったという。

監視カメラなき時代でもオーウェルの「1984」がリアルな現実の街、それが名古屋だw オーウェルと違うのは、1984で監視していたのはビックブラザーだが、名古屋の場合は市民全員が市民全員の行動を監視しているのだ。よって警察さえ市民に監視されているw
 
愛知県警は、そんな市民の目を利用してテロ対策の効率を上げようとしているわけで別に市民の監視など考えていない。 共産党は監視されているのが自分たちだけだと思っているからこんなことを言うのだろうが、名古屋を舐めるなwww