しんぶん赤旗

 6月の沖縄県議選、7月の参院選を目前に控え、日本共産党の不破哲三前議長は16日夜、那覇市内で講演、沖縄県民が主人公の、基地のない平和な沖縄への展望を縦横に語りました。

 不破氏は初めて沖縄を訪問した1970年、返還規定のないサンフランシスコ条約体制の下で、祖国復帰を果たした県民の団結の力を痛感したと述べ、辺野古新基地阻止のたたかいでも、「『オール沖縄』が強固に団結した時、これに勝てる力はどこにもない」と指摘。県議選と参院選で勝利して「沖縄の心を安倍政権に、そして世界に示そう」と訴えました。

 会場には県内の首長はじめ幅広い人びとが訪れ、立ち見も続出。「勇気と希望をもらった」などの声が相次ぎました。 

オール沖縄という、沖縄の大部分が結束すれば、確かに怖いものはないのでしょうが実際には半分くらいなわけですね。過去の沖縄県知事選では勝っても負けてもギリギリの差でした。そして宜野湾市長選では、オール沖縄は大敗し、半分以下となっているのが実際のところでしょう。 

県議選と参議院選の結果がどうなるのかわかりませんが、今度負けたら本当は「アンダーハーフ沖縄」 なのに「オール沖縄」と詐称していると笑われるかも知れませんw