blogos
おときた駿都議会議員のblogから 

こんばんは、おときた駿@ブロガー都議会議員(北区選出)です。本会議の質問も佳境を迎えた本日ですが、ちょっとした波乱がありました。

これはもう毎度のことなんですけど、共産党さんが一昨日の代表質問の時に「戦争法案は憲法9条に明確に反する違憲立法である」「都議会から安倍政権に対して戦争法案の撤回を申し入れるべきである云々」ということを滔々と述べておりまして、

舛添都知事から「ここは都議会であって、国会ではない」

と諌められるというやり取りがありました。
これに対する意趣返し…なのかはわかりませんが、
本日登壇したのは自民党きっての保守派論客・古賀議員。

戦後間もない頃の国会議事録を読み上げながら、「一貫して護憲派を気取っている日本共産党こそ、憲法9条の制定に『反対』していた」「さらにはその後、改憲を最も強く主張していたのも、日本共産党だった」という事実を朗々と指摘しました。これに対して、共産党の議員たちが逆上!

2名の議員が答弁席に駆け寄り、警備員に取り押さえられるという事態に。

続いて議事の一時停止を求める動議を口々に叫び続ける共産党議員たちに対して、議長が一喝。

「あなたたちもいつもやっていることでしょうっ!!」

それでもしばらくは騒然とした雰囲気が収まらず、舛添知事がなかなか答弁に入れない状態が続きましたが、結局は議長が動議を取り上げず、やや強引に議事は進行される運びとなりました。 

共産党が 地方議会で国政に関する演説を長々とやるのは伝統芸能みたいなもんだが、それでもここまで揉めることは珍しいw

警備員に取り押さえられたのは誰なのか気になりますね。