しんぶん赤旗

京都市長選(24日告示)を目前に控えた21日夜、「憲法市政みらいネット」は本田久美子さんで市政を変えようと市民大集会を京都市北区の府立体育館で開きました。日本共産党の山下芳生書記局長が応援にかけつけ、会場は熱気に包まれました。市長選は、本田予定候補と、自公民が推す現職の門川大作氏との対決です。

 集会では、盛んな声援の中、「“教え子を再び戦場に送らない”が私の原点」という本田予定候補が戦争法廃止・原発再稼働ストップ、京都経済・暮らし再生へのビジョンを熱く語りました。

 山下書記局長は、本田市長が誕生すれば、「市民の暮らしはもちろん、日本の政治にも大きな前向きの変化が生まれる」とのべ、「京都から『戦争法NO』ののろしを上げよう」と訴えました。保育所の民営化、府内最低の子ども医療費助成など痛みを押し付け、四条通りの車線減少など独断専行の門川市政を告発し、「安倍さんもひどいが、門川さんもアカン」の声が与党支持層の中にも根強いと指摘。「日本の夜明けは京都から」の心意気で本田勝利を勝ち取ろう、と呼びかけると大きな拍手が湧きました。 

面白いことに、本田候補は戦争法廃止を訴えたが、山下よしきは言っていない。それどころか現場からの報告によれば、国民連合政府も2000万署名も国会開催式出席も北朝鮮の水爆実験も、中央委員会に関することは一言も言及しなかったらしい。 

地方選の場合、地元のことを語るのが普通で中央のことはあまり言わないのはごく普通のことだが、共産党の場合は別で昔は市議でも議会で延々とこういうことを語ることは少なくなかった。それが京都市長選のような大型選挙でも言わなくなったと言うことは・・・少しはマトモになったかなw?