しんぶん赤旗
日本共産党の志位和夫委員長は28日、社民党の吉田忠智党首、生活の党の小沢一郎代表と国会内で相次いで会談し、先に志位委員長が発表した提案「『戦争法(安保法制)廃止の国民連合政府』の実現をよびかけます」(19日)を説明しました。「提案」は、(1)戦争法廃止、安倍政権打倒のたたかいを発展させる(2)戦争法廃止の「国民連合政府」をつくる(3)この政権構想に合意した野党が選挙協力をする―ことを呼びかけています。会談には山下芳生書記局長、穀田恵二国対委員長が同席しました。社民党は又市征治幹事長、生活の党は玉城デニー幹事長が同席しました。 

で、予想通りどちらも引き続き協議ということでw
社民党も生活の党も今では共産党の半分以下の議席数しか持たない弱小政党状態なので、選挙協力しても全く失うものはないんじゃないかと思うが、その分効果も薄かろう。

両党共に民主党がどう動くかわからないことには、うんと言わないだろうな・・・