しんぶん赤旗

「安保関連法に反対するママの会」は25日、国会内で記者会見を行い、戦争法廃止にむけた取り組み、再出発の決意を語りました。

中略
7月に発足した同会は、全国50以上の地域に広がっています。今後は、戦争法の問題点を伝えるパンフレットの作製、武器輸出推進提言を発表した経団連への抗議行動など多彩な取り組みを予定しています。 

たった3ヶ月足らずで全国50地域に広がったなら、もう国内活動はメンテナンスモードですよね。 この勢いなら、もう西郷南海子たんがテレビに出演して言っておられた中国でのママの会設立と拡大を初めていいタイミングでしょう。

ママの会の中国進出と拡大は、日本国内にある中国脅威論を否定するのに大きな力を発揮するのは確実です。自民党もそれを認めるどころか是非やって欲しいと願っております。いまこそ、中国に打って出るときです!

え?ママの会の中国進出はその場限りのテキトーな言い逃れ?
いや、そんなことはないでしょう。
たぶん大丈夫なはず。
大丈夫じゃないかな?
ま、ちと覚悟はしておこうかw