ということで、東京大学教養学部自治会の広報部が自らの自治会史を作成中のようである。
普通に考えると4000字から10,000字位の分量ではないかと思うのだが、
 

ということなので、ひょっとしたら、ものすごいボリュームのものになるかもしれない。
こういう仕事をやった自治会って、案外ないというか、ぼくちん聞いたことない。おそらく史上初の仕事ではないかと思う。