コミケ会場で首都圏青年ユニオンの専従たちが街宣していたのが一部で話題になっている。全労連から借りた街宣車の上で一人演説する人がいるかと思えば、すきやを模したとおぼしき、かぶり物をけて宣伝していた人もいた。
 jpg-small

いやぁ、ぼくちん首都青には能力と労働被害者の扱いのひどさを知っているから批判的で、ことあるごとに突っ込みを入れてやろうとは思ってはいたのだが、これには感動してしまったw

ところで、なんでコミケ会場の街宣に出てきたんだろう?コミケ参加者にはブラック企業で苦しむ労働者が多いと思ったのかな? 一応言っておくと、この街宣、メインはシャノアール批判で、すきやは刺身のツマだったらしい。