太宰ファン氏のコメント
  • 関係ない話で恐縮ですが、共産趣味者には堪えられない本を見つけました。岸冨美子・石井妙子著「満映とわたし」
  • 満映で映画編集をやっていた岸さんの回顧譚で、エグイ話てんこ盛りで随喜の涙。特に大塚有章!河上肇の義弟、末川博の義兄にして大森銀行ギャング事件主犯。懲役10年くらったのち満映理事長・甘粕に拾われて渡満。岸さんの隣の宿舎に住んでいた。穏やかな人だったのに終戦直後、旧満映のスタッフが中国共産党の命令で炭坑町に移送されると「共産青年突撃隊」のリーダーとなり、日本人の思想改造を取り仕切り、あげく甘粕の片腕だった野崎達雄は公開銃殺。お調子者っていうか凄いなあ。
  • はい、これですね。

満映とわたし
岸 富美子
文藝春秋
2015-08-05




戦前の共産党員で、3・15とかで服役後満州に渡った人は多い。日本ではどうにもならんと思って満州に行った人もいるが、転向で心を入れ替えて満鉄などに拾われた人もいる。大塚もそんな人だったんだろうなぁ。。。