産経新聞関西版
言うまでもなく、京都は日本共産党の金城湯池なわけだが、なんでやねん?という記事。
 
理由として立命館や京都大学の存在や蜷川府政の影響とか京都人の特性(権力者に面重複背w)とか、 いずれもうなずける理由ではあるが、一番大きいのは立命館大学の存在ではないかなぁ・・・

もっとも現在は過去のような立命館ではないわけで、共産党の人材供給源としての影響力は現在ほとんどないだろう。かといってこれまで人的財産は大変なものなので、まだ二、三十年は優位であり続けるだろうけど・・・。