しんぶん赤旗
 南シナ海で中国が進める岩礁埋め立てをめぐり、米国との対立が先鋭化しています。米国防総省は21日、「航行の自由」を理由に、中国が造成した人工島の12カイリ(約22キロ)以内に米軍機や艦船を進入させると表明。一方の中国外務省は25日、「不測の事態を招く」と批判しています。 (面川誠) 

軍事費を削りたいアメリカたんですが、尖閣に中国がやっていることを真似て圧力をかけると言うわけですな。米軍は自衛隊のように優しくないので火器管制レーダーを照射されたら応戦してくる可能性が高いわけで中国としても頭かかえていることでしょう。

それにしても、中国相手には「外交問題は交渉で解決を」と言わない日本共産党って・・・本当に反戦平和の党なのか疑わしくて仕方がないw