昨日から何人もの人からこの件の報告が来ていますがw、谷川まゆみ姫路市議が姫路城のオープニングセレモニーにやってきたブルーインパルスについて 

今、姫路城は「平成の大修理」が終わり、工事のための囲いや足場が解体されつつあり、まさに「白鷺城」と呼ぶにふさわしい姿を見せています。一部では、「しろすぎ城」などとも揶揄されているようですが、私は建築当時の美しさであり、今しか味わえない姿だと思って、日々眺めています。

 それなのに、こともあろうに、来年3月27日のオープニングセレモニーで、航空自衛隊のブルーインパルスを飛行させるとは、本当に悔しいというか、悲しいです。「昭和の大修理」の時も、飛行させたということですが、安倍政権が、解釈改憲によって「集団的行使容認」を行おうとしている今、自衛隊の戦闘機を飛ばすとは、「平和の城」が泣いています。オープニングセレモニーは、市民はもちろん全国民が喜べるものにすべきではないでしょうか。もう、「決定」いということですが、「残念」というしかありません。 

姫路城は、たまたま戦場にならなかったので「不戦の城」とも呼ばれるのだけど、行けばわかるが当時の城塞防御の知恵を結集した城で、決して平和の城じゃないんですなwその上、東北復興のシンボルの一つでもあるブルーインパルスをdisっても、誰もついてこないんですけど? 

それと、この方ネットにものすごく弱そうw
 
関西共同印刷に行ったというblogエントリ
今日初めて、関西共同印刷所を訪れました。それは、ブログを立ち上げるためです。大阪には、ほとんど来る機会がありませんので、駅に着いたとたん人の多さに、改めてびっくり。神戸とは、またちょっと違う感じがします。 

もう、これだけで どんなに弱いのかとw
ブログくらい印刷屋に聞かなくても、小学生だって作るよw
で、使っているblogサービスはGMOでwajcp.net というドメインをとった日本共産党専用のblogサービス。たぶん、格好良く作ることしか考えてなくて何書くのか考えるリテラシーがない人なんだな・・・そんな人らも書かせようとする日本共産党はと書いて終わろうと思ったら、こんなことが書いてある

オープニングに行って市議会議員席があってありがたいで
ありがたいことに、市会議員は席を用意していただき、座って式に参加することができました。10時には、みなさんお目当ての、ブルーインパルスが飛来し、お祝いを盛り上げました。式典の中では、文化庁長官や井戸知事が、「不戦の城、平和の象徴」と、姫路城を賛辞しました。本当にその通りです。オープニングには、自衛隊による音楽演奏や和太鼓の演奏がありましたが、戦争する国になったらこんな事はできなくなります。ただ、和太鼓の時に上は黒のTシャッツでしたが、下が迷彩服だったのは不釣り合いでした。
 
共産党議員のやる、いつもの「なかったこと」にしたようです。w
それにしても文化庁長官や井戸知事もアホだな・・・なんで不戦の城と呼ばれているのかわかっていない。