岐阜新聞

戦前の「ゾルゲ事件」でスパイ容疑を着せられ、中国で27年間も幽閉生活を強いられた日本共産党元幹部伊藤律氏(1913〜89年)を研究する中国の大学教授らが6日、律氏の故郷瑞浪市を訪問。生家では遺族らと面会し、思い出話などに耳を傾けた。

 ソ連の諜報員リヒャルト・ゾルゲと新聞記者尾崎秀実が、日本政府の最高機密情報をソ連に流した国防保安法違反(スパイ容疑)などの罪に問われ、東京拘置所で処刑され、7日で70年目を迎える


共産党が無視を決め込む中、中国側からの資料が発掘されたら、またいろいろ党にとって困ったことになるのではないかな?