ソ連共産党は、なぜあのように多くの犠牲者をその隊列から生み出したのか。鍛え上げられた、志操堅固な革命家の多くがなぜみずからを「敵のスパイ」だと証言して、スターリンの前に首を差し出したのか。20世紀最大の謎を解く衝撃の資料集。厳密な校訂を経た学術的価値の高いシリーズ「共産主義の記録」(Annals of Communism)最新巻の完訳。



初期のころのスターリン支配を内側から照らし、スターリン体制をこれまでよりはるかに明瞭に理解させてくれる資料。20世紀の暗部を照らす初公開の機密資料。

こんなのが出ていたんだと驚いたのだが、ソ連崩壊後の混乱時に流出した者をまとめたものなのかもしれない。