綾瀬市議、上田博之タンのblog
早朝のプロペラ機の音に目を覚ましたというのに、それは救難機じゃないかと言われたら

それに、それだったら軍事機密ではないので、地元自治体には、そういう事情で早朝からお騒がせしました、ってあいさつをするようにしてほしいものですね。 

は?緊急の救難活動に行ったり帰ったりするときに挨拶しろと?

7月17日早朝の航空機騒音ですが、父島からの急患搬送ではないようです。父島には空港がありませんので、P3Cは使えませんでした。父島からの急患搬送は、ヘリコプターで硫黄島まで、そこで飛行艇に乗り換えて羽田空港。そこから広尾病院というのが基本的なコースということです。ですので、厚木基地に来ることは基本的にはないようです。

硫黄島には空港があるというか、その昔、硫黄島がB29によって太平洋側から日本に空爆可能になるから特に重要な島だったって知らないようですね。最近硫黄島がテーマで二件映画もあったけど、それでも興味が持てなかったのかな?いずれにしても、文句付けている人は根拠を示しているのに答えないのは市議だというw
 
Unknown様、先にも書きましたが、この場でのやり取りは不毛ですので、どうぞ綾瀬市役所においでください。直接お話しいたしましょう

こうやって、自分の都合の悪いことを言う有権者を呼びつけるのは、松崎いたるが最近やっていたが、流行ってんのかな?だいたい有権者のもとにおうかがいしますならわかるが、呼びつけるのはねぇ・・・本当に市民に寄り添っているのか疑問ですな。