しんぶん赤旗
政党政治自体が終焉に向かっているかのように見える状況で

岩崎氏はこうした状況のもとでの日本共産党の役割について述べます。

 「共産党は、『反権力』だけでなく、より現実主義的な視点も加味して、政策的オルターナティブを示し、野党協力の明確なビジョンを出すべきでしょう。また、国会での取り組みで一定の役割を果たしていけば、日本の政党政治が次の段階に行くのではないか」 

いや、それができないのが日本共産党な訳ですからwww 
ただ、京都民報の浜矩子インタビューにみられるように、日本共産党にも人の意見を聞く姿勢は若干ついてきたかなという印象も出てきた。これって、不破哲三の力が衰えてきて党内良識派が不破後の仕込みを始めているのかもしれないね・・・党大会まであと半年だし、仕込みを始めるには確かにいい頃あいだから。