すでに報告が入っているが、
しんぶん赤旗

 陸上自衛隊第1師団(東京都練馬区)が記念行事で、市民に小銃や機関銃を手にとらせ、標的に狙って構えさせるなどをした展示行為は、銃砲刀剣類所持等取 締法(銃刀法)違反に当たるとして市民グループが10日、田中直紀元防衛相と陸上幕僚長、東部方面総監、師団長らを東京地検特捜部に刑事告発しました。

という。根拠は
「市民の会」は、記念行事での武器展示で小銃などが鎖でつながれてはいるものの市民が自由に手にもち、標的を狙って引き金に指をかけるなどの操作ができ、これは銃刀法が禁じる「所持」にあたると指摘。

はっきり言って言いがかり以外の何ものでもないw

銃刀法では認められた者が展示を行うことにちゃんと規定があるし、自衛隊が認められていないはずがない。そして法的に言われる所持とは「物を事実上支配していると認められる状態」を言う。市民が持って帰ることは不可能だし、変なことをすれば自衛隊の警備員が止める。これをどう見たら法的な意味での「所持」になるんだか。。。間違いなく不起訴処分になるね。

結論
23439688-s