日本経済新聞

前 原誠司経済財政相は26日午前の臨時閣議後の記者会見で、3年3カ月間続いた民主党政権を振り返って、「全くの悔い無し」と語った。一方で、衆院選での大 敗を受けて「(民主党が)二大政党制の一極を占めているのは幻想になっている」と強調、「我々は下手をすれば消え去る運命にある党だ」と危機感をにじませ た。

 比例代表での得票が日本維新の会を下回ったことに触れ、「放っておいたら振り子が戻るみたいに民主党に期待が集まると考えるのは甘すぎる。むしろ民主党以外に受け皿が出来つつある」とも指摘した。 

総選挙で大敗北を喫したとは言え、 今なお共産党の5倍以上の議席を持つ政党の幹部は、これだけ危機感を持っている。それに比べて同じ京都でも、しかも小選挙区で当選したことがないことで日本記録を更新しているこの方は・・・

1250169578316