うわぁ〜、びっくらこいた!

今年の共産趣味界隈の話題のベストスリーには間違いなく入る東大教養学部自治会の全学連脱退の黒幕が、交通の専門家としてデビューしましたよ!

内容は、BRTと呼ばれる「レールのない鉄道」。すなわちバス専用道にバスを走らせ、鉄道並みの定時運行を実現する交通手段について。鉄道は基本的に大量輸送に向いたシステムだが、投資や維持費が高い。BRTは大量輸送をしない代わりに維持費の削減を行うが、定時運行は守ることで住民の利便性の水準は落とさないコンセプトで作られるが、その成否を握るのはBRTで早期復旧を果たした気仙沼線と大船渡線だという。

全学連のくびきを解いたら、こんなに活躍できる人だったんですね。いや〜、全学連関係者諸君、惜しい人を逃したものですね。そうそう、まともな反論が一切できなかった日本共産党中央青学対諸君には、こう言うしかないね・・・・
eedf682b-s