今日の潮流

同じ団地の知り合いが途方に暮れていました。50代の彼は、日本共産党の地区委員会に勤めています。党勢減少と減紙がつづくなか、その地区委員会は青息吐息で続 けてきましたが、とうとう今月、給料が払えないといわれたそうです▼彼には息子が2人いて、下の子は数百万円の奨学金を借りて大学に通っています。上の子 は高校を卒業した後、同じ政党で何年も働きながら専従になれず、不安定な生活を強いられています▼いまの日本ではそう珍しい話ではないでしょう。 

え?どこか違ってる?

hotler






あれ、これも不破たんじゃなかったっけw?