とということで、今年の共産党界隈に大きな話題を提供したと言えなくもない某「A氏」wのblogを発見した。更新頻度はそれほど高くないが、おそらく資料的価値のあるものもアップされていくだろう・・・。