潮流

シリア北部アレッポで命を落としたジャーナリストの山本美香さんが無言の帰宅をしました。同じ報道に携わる者として、深い哀悼の意を表したいと思います。同時に、最前線に出て戦場の真相を伝えようとした記者魂に敬意を表したい 

それはいいが、自分たちが事実の歪曲報道や嘘をついてきたことの反省は?
ついでに、それを指摘したら、ぼくちん赤旗記者から大変無礼な扱いうけたんですけどw?

みずからが危険にさらされる戦場に足を踏み入れるか否かの判断は難しい。それでも、多くのジャーナリストが行きたいと考えるのは、非人道的な状況に置かれる人々の実情を伝えたいからです▼山本さんも、きっとそうだったのでしょう。

赤旗記者もそう思うなら行けばいいのに・・・安定した赤旗記者の地位を捨て、フリーになれば簡単!行く気もないのにカッコつけなさんなw