しんぶん赤旗の日本共産党のページで、重大な後退の懸念が示されますた。

大方の予想通り七月の特別期間に、多くの党員が党員・赤旗読者の対象者という「貯金」をすべてはき出し前進させたのを、党中央は「小飛躍」だと喜んで、今月も小飛躍したいと再び特別期間を始めたわけですが、もう貯金がありません。

今月の経過報告を見て、これは危ないと思ったのでしょう。でも、党員数はそれなりにいっているようなので、問題は赤旗と言うことで、たぶん1万越えの減紙が予想されているのではないでしょうか?

9月1日申請、この暑さの中、党員の背筋に悪寒が走りそうです。