しんぶん赤旗

尖閣諸島の件だが 

日本共産党は2010年10月、「尖閣諸島問題 日本の領有は歴史的にも国際法上も正当」との見解を示し、「何よりも重要なことは、日本政府が、尖閣諸島 の領有の歴史上、国際法上の正当性について、国際社会および中国政府にたいして、理を尽くして主張することである」と指摘しました。日本政府は「努力す る」との答弁にもかかわらず、その形跡はみられません。そして、今日問題が大きくなっています。いまこそ、冷静に理を尽くして日本の領有の正当性を堂々と 説くべきです。 

以前から領有権の主張はやっていたわけで 相手が聞かないだけなんだが・・・国際的緊張を高めたくないから、かなり気を遣っているわけで、気を遣わないのは石原慎太郎と日本共産党くらい。

しかし、石原慎太郎は島を購入するという策で活動しているわけですが、日本共産党は何をしているのでしょうか?ぜひとも見解以上の活動を知りたいものですw